東京新宿ロータリークラブ

ロータリーテーマ
テーマロゴ
各委員会

職業奉仕委員会

[ 基本方針 ]
ロータリークラブの掲げる4大奉仕の1つであり、当クラブの基本概念でもある職業奉仕が「日々の仕事を通して自らの道徳的能力を高め、それを社会に反映させることを責務と考えて努力する」という基本精神の下にある事を尊重し、それを具現化するための「日常の職業活動を通して、自分の職場の従業員、取引先の人達やその関係者、ひいては地域社会の人達の模範となり、生きる力の根源である道徳的能力を向上させる事に努力する」という姿勢をクラブ内に浸透させる事と、各会員がこれを実践する一助となる事を目的として、活動計画を立案していく。
具体的には、2580地区が合同研修会にてテーマに掲げていた「事業継承」に着目しながら、卓話・職場見学を実施する事を視野に入れている。各会員にとって、事業継承は、全員に共通する課題であるとも考えられるので、この課題の解決を共に考え、取り組む事によって、クラブ活動が全般的に活発化する事へとつなげていきたい。
こうした構想の下、「クラブ内に職業奉仕への適正な理解を促進させること」を基本方針とする。

[ 活動計画 ]
1. 会員各位が職業奉仕の考えを常に意識するように、「職業奉仕十二章」を例会場に掲示する。
2. 職業奉仕に関する卓話を行う。
3. 職業奉仕に見合う職場見学を計画し実施する。


[ 委員長 ]矢野 賀也
[ 副委員長 ]鈴木 祥祐
[ 委員 ]北中 誠、小林 十四雄、岡崎 秀也、田賀 喜章、安藤 真一、落合 宙一、辻 和彦、太田 昌一郎
ページの先頭へページの先頭へ